未分類

韓国の正念場 (住職のブログ 未分類

2019/07/31 (水) 晴れ

7月1日、日本は韓国に対し安全保障上脅威となる、半導体などの製造に必要な3品目(フッ化水素・フッ化ポリイミド・レジスト)の「輸出管理の見直し」を発表した。これに対し韓国は、早速WTOに提訴し一般理事会で日本批判を行ったが、加盟国からの賛同を得ることができなかった。これ以外にも、あちこちで世界世論戦を展開、国内では日本製品不買運動や安倍首相への批判と、反日運動をエスカレートさせている。今回の措置は、あくまで「輸出管理の見直し」で禁輸措置でないことが、正確に伝わっていないのが残念である。
朝鮮には「駄々をこねれば餅が一つ多くもらえる」ということわざがあるが、国を挙げて駄々をこねて餅を要求しているようで、困ったものである。日本の今回の措置は、グリーン車(ホワイト国)から普通車(一般国)に乗り換えてもらいますという話で、乗車拒否をしているわけではない。要するに貴国の今までの実績に鑑み、グリーン車には乗車できなくなったということである。今、貴国が行うべきことは、なぜグリーン車に乗る資格がなくなったかを反省することで、反日運動をやっている場合ではない。
韓国は、儒教の優等生と自認しているのだから、『論語』の「吾日三省吾身」(日に三度反省すること)ことの大切さを学んでいるはずである。相手にばかり反省を求めるのではなく、今回の出来事は自ら反省しなければならない事案であることを、冷静に考えて欲しいものである。なぜ、戦後の「漢江の奇跡」を成し遂げ豊かな国になったのか、豊かになれるよう応援した日米の存在を忘れてはならない。
文政権は、親北・反日米のスタンスで政治を行っているが、日米にそっぽをむかれれば大変な事態になることは、火を見るよりも明らかである。豊かな国として生き残るのか、北朝鮮のように貧しい国になるのか岐路に立っている。韓国は、何でもやり過ぎる傾向があるので心配である。国の行く末を決める正念場であることを、しっかり認識しなければならない。

東北GO (住職のブログ 未分類

2016/07/30 (土) 晴れ

 

7月1日、仙台空港が国内で初めて民営化され、東北の空の玄関としての役割が期待されている。東北は、訪日観光客数で、全国に大きく遅れを取り、インバウンド効果の恩恵に、まだ与ることができていない。東日本大震災や原発事故の影響があったにせよ、余りに寂しい現状である。
 先月、函館と高野山を訪れる機会があったが、外国人観光客の多さに驚いてしまった。函館の五稜郭では、中国人観光客が多かったので、タクシーの運転手さんにその理由を聞くと、中国の多くの主要都市との間に、国際便が飛んでいるとのことであった。東北の空港との差に、愕然とさせられる旅であった。
 一方、高野山は様々な言葉が飛び交う、国際色豊かな場所であった。標高千メートルの山深い盆地に開けた仏教都市は、多くの寺院が立ち並び、広大な墓地に20万基を超える墓石が立ち、壮観な光景であった。墓地には、織田信長や豊臣秀吉といった歴史的人物のお墓が数多くあり、その中には伊達政宗公の一周忌に立てられた巨大なお墓もあった。お墓の前には鳥居が立てられ,神仏混交の世界を垣間見ることができ、学ぶことの多い旅であった。
 地元、仙台の観光名所といえば、政宗公縁の青葉城や瑞鳳殿であるが、もう一ヶ所、忘れてはならない場所がある、それは若林城である。現在は、宮城刑務所になっていて、「るーぷる仙台」(市内観光バス)のコースに入っていないが、刑務所内には二本の名木が眠っている。その名木とは、「臥龍梅」と「蟠龍の松」で、奇しくも中華圏の人が大好きな、「龍」の文字が入っている。この歴史的遺産を生かすには、若林城を公園化し、一般の人が自由に見られるようにすることである。そうすれば、仙台の観光名所として、「るーぷる仙台」のコースにも入れることができるだろう。
 東北には、若林城のように観光資源として眠っている、多くの歴史的遺産があると思っている。震災からの復興を後押しするためにも、これからの主要産業となる観光にもっと目を向け、本腰を入れなければならない。

梅雨と株 (住職のブログ 未分類

2015/07/31 (金) 晴れ

7月26日、東北南部の梅雨明けが発表されたが、何とも拍子抜けする発表であった。梅雨入りから1ケ月余り、梅雨らしい日は数えるほどで、よい天気が続いたからだろう。近年、地球温暖化に伴う気候変動の影響もあるのか、「梅雨入り」「梅雨明け」の意味合いが、薄れているように感じる。この慣習も、そろそろ見直しても、よい時期ではないかと、思っている。
上下水道やクーラーや冷蔵庫がなかった時代には、梅雨の時期に生水や腐った食べ物で、食中りで亡くなる人も多く、注意を促す意味で必要性があったのだろうが、今となってはその心配もほとんどなくなった。中国で生まれ、江戸時代に日本に伝わった「梅雨」も、賞味期限切れである。今年の梅雨は、中国から伝わる株式情報の方が、よっぽど鬱陶しい。
中国政府が打ち出す株価対策には、本当に驚かされる。何でも有りの世界である。アダム=スミスの「神の見えざる手」が勝つのか、習近平の「絶対権力」が勝つのか、市場は固唾を呑んで見守っている。共産党が行う資本主義市場経済は、前例がないだけに、これからどうなるのか予測がつかない。
一つだけいえることは、中国共産党を守るためには、「全知全能」を傾けるということである。その「全知全能」が、「全痴全悩」にならないことを祈る。今、話題の爆買いとともに、中国株式市場の梅雨明けなるか、梅雨の家元中国に注目である。 それにしても、中国人の頭脳は「図能明晰」である。日本人には、到底マネができない。中国株式市場は、「上の見える手」習近平に託された。
来月はお盆、この状況に共産主義者のご先祖、マルクスや毛沢東も、さぞビックリしていることだろう。現在の中国が、共産主義が理想とする社会なのか、反省する必要がある。 この異常事態を収拾し、バブル崩壊を防ぐには、株式をすべて国が買い取り、市場を廃止することである。本来の、社会主義計画経済に戻れば、マルクスも毛沢東もきっと喜ぶだろう。

怪物 逸ノ城 (住職のブログ 未分類

2014/10/31 (金) 晴れ

10月27日、日本相撲協会は、新番付を発表し、新入幕で13勝2敗の好成績をおさめた逸ノ城が新関脇となり、西関脇に座った。新入幕翌場所の新関脇昇進は、大相撲百年の歴史で初めての快挙である。大横綱白鵬と比較すると、身長は同じ192センチであるが、体重は199キロで、白鵬より40キロ重い、巨漢力士である。力士の理想体重は、一般人の理想体重の2倍といわれる、それで計算すると、白鵬は理想体重であるが、逸ノ城はかなりの体重オーバーである。

 

過去、巨漢力士といわれた小錦・山本山は、一般人の理想体重の3倍を超えて、引退した。体重が増えすぎると、どうしてもケガが多くなり、治りも遅くなる。逸ノ城の死角は、体重のコントロールにあると思っている。大横綱を目指すのなら、これ以上体重を増やさないことが、絶対条件である。所属する湊部屋の「おかみさん」が、お医者さんということもあり、体調管理のプロなのは心強い。今、逸ノ城は「怪物」と持て囃されているが、本物の怪物になるには、まだまだ幾多のハードルが待ち受けている。しかし、将来の大相撲を担う逸材であることには、違いない。


それにしても、横綱はモンゴル出身力士ばかりで、日本人力士の台頭が待たれる。その筆頭は遠藤であるが、先場所の相撲みれば、心もとない。実力より人気が先行してしまい、潰されないか心配である。大相撲をもっと盛り上げるには、どうしても日本人横綱の誕生が必要である。相撲協会をはじめ、各部屋の親方達の奮闘を、期待したい。


大相撲をみていると、面白い事に気付く。客の入りが、世の中の景気に連動する。アベノミクスが始まった頃から、徐々に客が増え始めた。この頃は、大入満員の日が多くなり、景気の回復を感じさせる館内である。これからも逸ノ城の快進撃が続くのか、日本経済の行方と共に注目である。

 

ページトップへ