住職のブログ

即位礼正殿の儀 (住職のブログ

2019/10/31 (木) 晴れ

10月22日、天皇陛下が即位を内外に宣言する「即位礼正殿の儀」が、皇居・宮殿で厳かに執り行われた。今回の令和即位礼には、世界約180か国の王族や各国要人が参加し、平成即位礼の約130か国を大きく上回る参加国であった。この30年、日本の天皇の存在が世界に広く認知された結果なのだろう。私は、天皇は日本のヘソであると考えている、ヘソがなければ新たな生命は誕生しない。日本の歴史的転換期には、天皇は新時代を生み出す「錦の御旗」になってきた。天皇は、日本になくてはならない存在なのである。
その天皇家にも、将来の皇位継承をどうするか、大きな問題を抱えている。現在、皇位継承資格者は皇嗣の秋篠宮さま(53歳)常陸宮さま(83歳)のお二人であるが、30年後を考えれば未成年の秋篠宮家の長男悠仁さま(13歳)一人だけになってしまう。この危機を回避する方策として、女性・女系天皇の可否、旧宮家の復活、女性宮家の創設、などを検討する有識者会議を設置することになっているが、まだ時期は決まっていない。
先日、安倍総理は国会で「男系継承が古来、例外なく維持されてきた」と答弁した。しかし、世論調査をすれば国民の7割以上は女性天皇、つまり天皇陛下の長女愛子さまを容認している。この状況の中で、どちらか一方に結論を出せば、国を二分する論争になることは、目の見えている。そこで、旧民主党政権時代に検討された、女性宮家を創設。愛子様らが結婚後も皇室に残り「皇統が途絶えそうになったら、本人やその子に即位してもらえるようにする」という案がある。しかし、これにも問題がある。秋篠宮家の長女眞子さまの結婚相手、金銭問題を抱える小室圭さんが皇室に入ることを国民は容認するだろうか、人権との絡みで難しい判断が求められる。
天皇の座る玉座は、一つしかない。伝統を守り悠仁さまが座るのか、女性天皇を容認する国民世論に鑑み愛子さまが座るのか、遠からずこの究極の選択をしなければならない。御託宣(神仏のお告げ)があればよいのだが、本当に悩ましい問題である。

 

 

 

 

 

楽天イーグルス (住職のブログ

2019/09/30 (月) 快晴

9月26日、病み上がりの体であったが、久しぶりに楽天イーグルスの対西武戦との最終戦を、観戦することができた。今年の楽天は、接戦が多かったが最終戦は7対1のスコアで、則本の快投と地元出身の由規復活の姿を見ることができ、大満足であった。由規の来シーズンの活躍が楽しみである。
今シーズンは、平石新監督のもと西部から浅村、新外国人ブラッシュと2人の強打者が加わり、得点力もアップし昨シーズンの最下位からの巻き返しを期待していた。しかし、則本と岸の両エースがケガによる長期離脱があり、今年もAクラスは無理かなと思っていたが、何とかクライマックスシリーズ(CS)に駒を進めた平石監督の手腕は評価できる。この勢いでCSを勝ち抜き、日本シリーズに行ければ最高だが、どうなるか10月5日から始まるソフトバンク戦が楽しみである。
今年の楽天の試合を見てて感じることは、キャッチャーが最大の弱点であるということである。正捕手である嶋の年齢的衰え、中堅捕手の実力不足、若手捕手の経験不足と、正捕手の獲得が喫緊の課題である。今年は、広島の正捕手である会澤がFAなので、何としても獲得してほしい選手である。そして、チームのムードメーカーであるウイラー選手の去就である。今シーズンは、絶好機に併殺打と試合を壊すケースが多く、パリーグの併殺王となり打率もパッとせず、CSでの活躍が残留への条件であろう。愛されキャラだけに残ってほしい選手である。
最後に楽天球団に注文であるが、CSかけて戦っている最中に平石監督解任の記事が出たことは、大いに反省しなければならない。チーム一丸となって戦っている時に、球団自ら水を差すようなことは、絶対にやってはいけない事である。平石監督は、球団創設以来の生え抜きなので、大切にしなければならない。
今年は、2013年とは一味違う、下克上の日本一を期待する、一楽天イーグルスファンである。

 

韓国の正念場 (住職のブログ 未分類

2019/07/31 (水) 晴れ

7月1日、日本は韓国に対し安全保障上脅威となる、半導体などの製造に必要な3品目(フッ化水素・フッ化ポリイミド・レジスト)の「輸出管理の見直し」を発表した。これに対し韓国は、早速WTOに提訴し一般理事会で日本批判を行ったが、加盟国からの賛同を得ることができなかった。これ以外にも、あちこちで世界世論戦を展開、国内では日本製品不買運動や安倍首相への批判と、反日運動をエスカレートさせている。今回の措置は、あくまで「輸出管理の見直し」で禁輸措置でないことが、正確に伝わっていないのが残念である。
朝鮮には「駄々をこねれば餅が一つ多くもらえる」ということわざがあるが、国を挙げて駄々をこねて餅を要求しているようで、困ったものである。日本の今回の措置は、グリーン車(ホワイト国)から普通車(一般国)に乗り換えてもらいますという話で、乗車拒否をしているわけではない。要するに貴国の今までの実績に鑑み、グリーン車には乗車できなくなったということである。今、貴国が行うべきことは、なぜグリーン車に乗る資格がなくなったかを反省することで、反日運動をやっている場合ではない。
韓国は、儒教の優等生と自認しているのだから、『論語』の「吾日三省吾身」(日に三度反省すること)ことの大切さを学んでいるはずである。相手にばかり反省を求めるのではなく、今回の出来事は自ら反省しなければならない事案であることを、冷静に考えて欲しいものである。なぜ、戦後の「漢江の奇跡」を成し遂げ豊かな国になったのか、豊かになれるよう応援した日米の存在を忘れてはならない。
文政権は、親北・反日米のスタンスで政治を行っているが、日米にそっぽをむかれれば大変な事態になることは、火を見るよりも明らかである。豊かな国として生き残るのか、北朝鮮のように貧しい国になるのか岐路に立っている。韓国は、何でもやり過ぎる傾向があるので心配である。国の行く末を決める正念場であることを、しっかり認識しなければならない。

板門店会談 (住職のブログ

2019/07/02 (火) 晴れ

6月30日、トランプ米国大統領と金正恩北朝鮮委員長が、手をつないで軍事境界線を行き来し、板門店で歴史的会談を行った。この会談は、6月29日の朝トランプ大統領のツイッターの呼びかけに始まり、32時間後に実現という異例の展開となった。この電撃会談は、トランプ大統領と金委員長の思惑が一致しなければ、実現しなっかだろう。
トランプ大統領にとっては、来年の大統領選挙を控え、有権者に映像を通して金委員長とは大の親友で、米朝交渉はうまくいくだろうと期待を持たせることができる。一方、金委員長にとっては、2月のベトナムでの屈辱的決裂を払拭する、よい機会であったことは確かである。この両者の駆け引きは、分かり易く言えば「キツネとタヌキの化かしあい」で、化かしあいの結果は神のみぞ知るである。
今回の板門店会談の映像を見る限り、米朝の仲介役を任じてきた韓国の文大統領の存在感のなさには、正直驚いた。それを象徴する場面は、トランプ大統領が、軍事境界線に向け歩き始めたとき、その後ろに続こうとした文大統領の前の扉が、無情にも閉じられてしまった映像であった。本当の仲介者は、中国の習近平国家主席であったのだろうか、それはこれから明らかになって来るだろう。文大統領は、北朝鮮一辺倒外交も行き詰まり、今度は疎かにしてきた日本との外交にも暗雲が立ち込め、正念場を迎えそうである。
朝鮮に「先祖崇拝をしすぎて国が滅んだ」ということわざがあるが、このまま日韓関係が悪化すれば「反日をしすぎて国が滅んだ」という新しいことわざを生み出しかねない。韓国は、反日もそうだが何でもやり過ぎる悪弊を改め、「少欲知足」(欲少なくして足るを知る)の仏教精神を学んで欲しいと思っている。豊かになった国として、自国の事だけではなく、相手国への配慮と思いやる心が必要なのではないだろうか。

 

 

 

ページトップへ