住職のブログ

コロナ対策の妙 (住職のブログ

2020/05/31 (日)

5月25日、非常事態宣言が残った一都三県と北海道が解除され、全国すべての都道府県が解除された。4月7日に発令されてから50日余り、日本人は強制力のない自粛要請だけで感染者数を激減させ、しっかり結果を出した。そして嬉しいことに、プロ野球の開幕も無観客試合ながら6月19日と決まった。しかし、新型コロナウイルスとの終わりの見えない戦いは、まだまだ続くことを肝に命じなければならない。
日本のコロナ対策は、罰則付きの外出禁止令で都市封鎖を行った諸外国とは違い、強制力のない自粛要請だけなので効果を疑問視されたが、良い意味で期待を裏切った。2月のダイヤモンドプリンセス号の時、日本はそのうち武漢のようになる、3月にはイタリアようになる、4月にはニューヨークのようになると言われたが、そうとはならなかった。確かに、諸外国と比べると圧倒的にPCR検査が少なかったので、何か隠しているのではないかと批判されたが、感染爆発は起こさなかった。ここまで結果を出し続けた日本のコロナ対策に、ついにべドロスWHO事務局長も日本は成功したと評価した。
なぜ、日本は成功したのかミステリーと言われ不思議がられているが、ワシントンポストがその成功の理由を書いている。1.クラスターと重症患者優先の検査2.保健所の質3.三蜜の3つあげ、その中でも保健所の役割に注目している。保健所は、コロナ患者の交通整理をして、医療崩壊を防ぎ死者数を抑えた、その仕事の質を評価しているのである。日本のコロナ対策の妙(非常にすぐれていること)は、保健所にあるとみているのである。
新型コロナウイルスが世界中に拡大している今、最も懸念されるのは中国の動向である。マスク外交を通して、世界に影響力を強めようとして、米国との関係が険悪になっている。WHO・台湾・香港と次々と力を行使しているが、これをやり過ぎれば墓穴を掘るのでないかと危惧している。将棋の世界の格言に「高飛車で負けを引く」、相手を甘く見て序盤から高圧的な飛車を繰り出すと、逆に負けてしまう。高飛車外交の中国を見ていると、この格言を思い出す。
ナショナリズムを煽り過ぎれば地獄を見る、これは歴史の教えるところである。

コロナ 春の嵐 (住職のブログ

2020/04/30 (木)

4月28日は、例年当山では立教開宗と守護神祭を兼ねた春祭りの日であった。しかし、今年は4月7日の安倍総理の緊急事態宣言を受け、熟慮のすえ 初めて中止することを決めた。昨今の、コロナウイルス感染拡大の状況と檀信徒の健康を考えれば、致し方のない判断であった。先月の春彼岸は、外出自粛が緩んだせいか多くの参拝者で賑わっただけに、春祭り中止は残念無念である。
現在(29日)、宮城県の感染者数は88人死者数は0人であるが、世界に目を転じると感染者数・死者数は桁違いである。マスコミは、連日政府批判や危機感をあおっているが、もう少し冷静に日本と世界との比較をしてもらいたいものである。日本の死者数は、10万人当たりでみれば世界最小であり、PCR検査の少なさは気になるが、かなりコントロールできている。5月6日までに、全国の感染者数が二桁になれば、収束の兆しも見えてくる。もう少しの辛抱なので、ステイホームで頑張りましょう。  
今問題になっているのは、営業自粛が出ているにも拘らず、要請を無視続けるパチンコ店の存在である。店にも言い分はあるのだろうが、今は皆で我慢する時である。仏教では、我慢には時を待つという意味がある。営業し続け、店からクラスターが生まれれば、大批判を受けるのは必至である。そうなれば、コロナ終息後にパチンコ廃止の議論が出てくることが予想される。ここで、世論の反発を無視し続ければ、将来に禍根をのこすことになる。
コロナ終息後、日本のパチンコ店以外に問題になりそうなのが、世界的には中国のコロナウイルス感染拡大に対する責任問題である。先日、読売新聞に駐日中国大使が新型コロナウイルス発生時における中国政府の情報発信は、「透明でオープン」であったとの見解を掲載した。このような見解を、甚大な被害を受けた米国や欧州が素直に認めるだろうか、疑問である。最初に警告を発し、2月7日に亡くなった武漢の李文亮医師を「デマだ」として処罰した当局の一件をみても、とても「透明でオープン」だと言えない。中国が自らの正当性をアピールすればするほど、疑念を持たれることになるだろう。
中国は謝罪するのか、強行突破を図るのか注目である、共産党の命運がかかっている。

 

 

新型コロナと志村けん (住職のブログ

2020/03/31 (火)

3月24日、安倍総理とIOCのバッハ会長の電話会談が行われ、東京オリンピックの1年程度の延期が合意されたが、30日には来年7月23日開催が決定した。オリンピックの歴史で、戦争で中止になった例はあるが、延期は史上初である。これだけ、世界中に新型コロナウイルス感染が拡大している現状では致し方ない。それにしても中国の態度には、一言の謝罪もなく納得がいかない。隠蔽せずにもっと早く注意喚起していれば、これほど世界中に蔓延することはなかったはずである。
今、世界で一番悲惨なのはイタリアで、死者の数が一万人を突破してしまった。これから心配なのはアメリカで、世界経済への影響を考えると、恐ろしくなる。トランプ大統領に押さえ込んでもらいたいが、今のところ爆発的感染が収まる気配はない。先月のグランド・プリンセス号の時、アメリカのマスコミは日本の対応を散々批判したのだから、どんな素晴らしい対処法があるのか見ものである。
それにしても、先進国が感染爆発に苦しんでいる中、何とか持ちこたえている日本の粘り腰は、往年の貴ノ花を見ているようで、称賛に値する。なぜ、持ちこたえれているのか、様々な要因があるのだろうが、一つには花粉症があるのでないかと考えている。花粉症は、日本の国民病で目・鼻・口をマスク・ゴーグル等で防御する習慣が普段から身に付いている。この習慣が、新型コロナウイルス感染予防に役立っているのではないだろうか。疫学的にも、調べてもらいたいものである。
日本の感染爆発が心配されている最中、老若男女問わず愛されたコメディアン、志村けん死亡のニュースが報じられた。入院してまだ10日あまりで、新型コロナウイルスの犠牲となってしまったのには驚いた。最後に、この感染症の恐ろしさを、全国民に身をもって教えてくれたのだろう。もしかしたら、コロナ調伏の「人柱」になったのかも知れない。満70歳、早すぎる旅立ちに合掌である。南無妙法蓮華経

新型コロナウイルスの闇 (住職のブログ

2020/02/28 (金)

2月27日、安倍総理は新型コロナウイルス感染拡大防止の為、全国の小・中・高の一斉休校を要請した。この突然の発表に、教育関係者や保護者に動揺混乱が広がっている。先日、私の好きな番組「笑点」も、後楽園ホールの公開収録を中止すると発表したが、観客のいない「笑点」は、気の抜けたビールのようなものである。教育の世界にも、笑いの世界にも、新型コロナウイルスの影響が及んだことは、本当に残念である。
この新型コロナウイルスは、中国武漢市の海鮮市場から拡散したと言われているが、まだ確定されていない。世界各国の専門家から「新型コロナウイルスは、武漢の病毒研究所から流出した可能性がある」との見解が示されているが、中国当局は否定している。そんな中、18日のネットにアップされた、近藤大介氏の書き込みが興味深い。そのタイトルは、『新型コロナ、武漢「美人すぎる39歳の研究所長」が握る発生の謎』である。この美人所長王延軼氏は、2018年、弱冠37歳で中国病毒学の最高峰「中国科学院武漢病毒研究所長に就任した。この人事には。15歳年上の夫である武漢大学副学長の存在があるのではないかと、疑われている。
王所長は、1月2日に「最近、原因不明の肺炎が、すでに社会の騒動を引き起こしている。われわれは関連した業務を、現在進行している。衛生健康委員会が要求しているのは、メディア、インターネット、SNS,提携する技術会社などを含む外部に対して、今回の肺炎の状況を公布することを禁止するというこことだ」というメールを全職員に送っている。このメールを見ると、新型肺炎はこの時点ですでに問題になっていたのだが、中国当局が隠蔽したことが分かる。本来なら、最初に告発した武漢中心病院の医師李文亮氏と同じように、病毒学の最高責任者として、注意喚起しなければならなかった。皮肉にも、次の日1月3日には、李医師は当局から社会不安を煽ったという理由で、処罰されている。
これらの経緯を考えると、王所長が中国科学院武漢病毒研究所の所長として、相応しい人物であったのか疑問である。王所長は、17年前のSARS騒動の時はまだ学生で、現場の経験はない。武漢病毒研究所から新型コロナウイルスが流出したのではないかという疑惑と共に、なぜ弱冠37歳でこの研究所の所長になれたのか検証されなければならない。

 

ページトップへ