ブログ

東日本大震災から8年 (住職のブログ

2019/03/30 (土) 雪

3月11日、平成未曾有の大災害、2万人余の死者行方不明者を出した東日本大震災から早や8年、被害の大きかった沿岸部の市町村は、まだまだ復興途上である。被災地は、日本国の人口減少と災害による人口減少が重なり、復興の足かせにになっている。そんな中、定住人口と交流人口の中間として「関係人口」を増やすことによって、地域の活性化を図る動きが出てきた。しかし、「関係人口」という言葉は無味乾燥で、どうもしっくりこない。それよりも「好縁人口」と呼ぶ方が馴染むのではないかと思っている。
好縁は、今年2月に亡くなった堺屋太一氏が、20年ほど前にある番組で、これからの社会は地縁・血縁社会から好縁社会を目指すべきと、話していた。私は、この言葉が気に入り、2003年に新しく開設した墓地に「好縁墓」と名付けた。21世紀の日本は、人口減少・少子高齢化が進み、地縁・血縁だのみのお墓だけでは先細りするのが目に見えていた。あれから16年、「墓じまい」が増え、お寺にも本格的な檀家減少の時代がやってきたが、「好縁墓」のおかげでずいぶん助かっている。
21世紀、今の出生率1.43が続けば22世紀初頭には、百年前の人口5千万人になってしまう。政府は、この急激な人口減少社会を乗り切る方策として、外国人労働者の受け入れ拡大、東京オリンピックまでにインバウンド4千万人を掲げ、定住人口と交流人口の増加を目指している。しかし、小さな地方自治体にとって、定住人口を増やしインバウンドの交流人口を増やすにも限界がある。これを補完するものとして、中間の「関係人口」が考え出されたのだろうが、それにしても抽象的でわかりずらい。
それよりも「好縁人口」の方が、具体的でわかりやすいのではないかと考えている。被災地にとって、「関係」より「好縁」の方が、血の通った温かみのある地域社会を築くことができるのではないだろうか。

 

儒教と北斎の龍 (住職のブログ

2019/02/28 (木) くもり

2月27・28日の両日、ベトナムのハノイで米国のトランプ大統領と北朝鮮のキム委員長の首脳会談が行われた。この会談は、北朝鮮にとって国の命運をかけた会談である。このまま軍事的緊張を続けるのか、それとも経済発展の道をとるのか、日本にも大きな影響があるので、これからに注目である。
日本と朝鮮半島の関係は、2千年の歴史の中で常に難しい外交課題であったが、そこには儒教の存在がある。その儒教について「中国本家・朝鮮雨樋・日本水割」という例えがある。つまり、儒教の教祖は孔子なので中国が本家、孔子の教えを雨樋のように直接受け入れたのが朝鮮、そして孔子の教えを水割のように日本独特にしたのが日本、ようするに、宗教ではなく学問道徳にしてしまったということである。
徳川家康は、国の統治の理念として、儒教の内で上に絶対服従と厳しく秩序を重んじる、朱子学を取り入れた。その目的は、争いの絶えない戦国の世から、争いのない平和な社会の構築であった。その選択は、徳川幕府260年の天下泰平の基礎となり、多くの芸術文化が花開いた。その代表として、世界的に有名な浮世絵師である葛飾北斎(1760―1849)について考えてみたい。
北斎は、多くの龍図を描いているが、その中で最高傑作といわれるのが「登り龍図」である。そして、興味深いのは、北斎が描いた龍のツメが3本であるということである。なぜ3本なのか、そこには中国・朝鮮・日本の儒教的序列が込められている。龍のツメ5本は、中国の皇帝だけに認められた特権で、中国以外では御法度であった。それ故、朝鮮は4本、日本は3本ということになっている。つまり、龍のツメの本数に国の序列が、暗黙の内に示されているのである。
この序列を覆したのが、明治維新以来の日本の近代化である。儒教的に言えば、一番格下の日本が繁栄し、格上のはずの中国・韓国が下になり儒教的価値観との齟齬が生まれ、複雑な国民感情となっている。今、最悪の日韓関係の根底には。恨の感情と相俟って、儒教の影響が大きいと考えている。

 

 

アジアカップ (住職のブログ

2019/01/31 (木) くもり

1月28日、サッカーアジアカップ準決勝で、日本はアジア最強といわれたイランに3-0で勝利した。今大会、グループリーグから準々決勝までの5試合すべてが1点差ゲームで、ハラハラドキドキの連続であった。特にサウジアラビア戦は、一方的に押し込まれる展開で、これまで見たことのない試合内容で、決勝までいけるか一抹の不安を残す1-0の勝利であった。これまでの戦いぶりから予想すると、イランとの準決勝は日本不利と思っていたが、結果は予想外の快勝であった。
準決勝イラン戦は、午後11時からの試合でいつもなら寝ている時間だが、眠い目をこすりながらのテレビ観戦も、最後は眠気を吹き飛ばしてくれた森保ジャパンに感謝である。それにしても、ケガから復帰した大迫一人が入っただけで、チームがこんなに変わるのかと驚いたのと同時に、イランのラフプレーにはがっかりである。この試合のポイントは、南野が倒されてもすぐに立上りボールを追いかけたのに対し、イランの選手5人がセルフジャッジで主審に抗議しゴール前に詰めなかった所にある。この大きな判断ミスが大迫のゴールを生み、試合の流れを日本に持ってきた。この試合は、主審が笛を吹くまでプレーを続行しなければならないという、大切な教訓を残した。この試合全般を通してみれば、日本とイランのメンタルコントロールの差が、明暗を分けたといえるだろう。
決勝戦は、2022年のワールドカップ開催国で、急速に力をつけてきたカタールに決まったが、イランを撃破した勢いで5度目の優勝を勝ち取ってもらいたいものである。日本は、過去決勝戦の成績は4-0の負けなしなので、その確率は高いと思っている。強い日本が戻ってきた明日の決勝戦は、本当に楽しみである。   ガンバレ日本

 

 

 

 

 

山門上棟式 (住職のブログ

2018/12/30 (日) くもり

12月16日、予定より2ヶ月遅れで日蓮聖人御降誕800年記念事業として建立中の、山門上棟式を無事終えることができた。今まで、篤信の檀家より寄進された身の丈7尺の不動明王像と愛染明王像を、本堂に仮安置してきたが、来年の春彼岸までには何とか本安置することができそうで、一安心である。

山門建立は、7年前に遷化した前住職父の長年の夢であったが、東日本大震災で体調を崩してその願いをかなえることなく、震災犠牲者と同じ命日の6月11日に旅立ってしまった。この山門を、生きているうちに見せることができたらと思うと、本当に残念でならない。はるか霊山浄土より、完成を見守ってもらいたいと思っている。

当山の新寺建立は昭和10年(1935)あれから83年、祖母・父・私と三代に渡り本堂・満願堂・庫裡書院・丈六の日蓮聖人銅像を建立してきたが、この山門が総仕上げとなる事業で、平成最後の年と重なり感慨深いものがある。これも日蓮聖人・諸天善神のご加護の賜と感謝しなければと思っている。そして、これまで協力してくれた檀信徒にも感謝である。

この山門の名称は、『霊鷲門』(りょうじゅもん)とするが、これには二つの理由がある。一つは、お釈迦様が法華経を説いたのが、インドのお山の霊鷲山で、その経文「倶出霊鷲山」「常在霊鷲山」よりいただいた。もう一つは、地元のプロ野球チーム「楽天イーグルス」とプロサッカーチーム「ベガルタ仙台」のベガッタ君が『鷲』なので、その縁もあって名付けた。

今回、山門に安置する不動明王・愛染明王は、法華経の守護神であると同時に、不動明王は仏道成就、愛染明王は良縁成就の願いをかなえる仏様なので、多くの人に親しまれお参りしていただけることを願っている。来年は亥年、猪突猛進の精神で頑張り、良い年にしたいと思っている。

 

 



ページトップへ